ライム とは

ライム = 押韻 のこと


押韻とは同一の韻(母音)を持った語を一定の箇所に用いることを言います。リズムを作ってひびきの心地よさや美しさを作り出します。
日本のポピュラー音楽、特にラップやヒップホップでも押韻が用いられており、ラップやヒップホップでは通常ライムと呼び、韻を踏むことをライミングと呼びます。
例えば、”本マグロ”は hONmAgUrO なので母音は ”おんあうお”となります。これて同じ韻の言葉は”コンタクト”・”翻訳書”・”コンパクト”などがあります。
本マグロと同じ韻を調べるには本サイトで”おんあうお”と検索窓に入れて検索するだけです。

記憶術としてのライミング


何かを覚えるときに語呂合わせや替え歌などで覚えたことがあると思います。それと同じようにライミングが記憶術で使えます。
覚えたい言葉や出来事とそのキーワードになる言葉のライムを結びつけます。するとそのライムから元の言葉を想起することができます。ぜひ一度お試しください。

アメリカの小学校の勉強


アメリの小学校では低学年のころに Rhyming Word の勉強をします。同じ Rhyme(韻)を持つ Word(単語)のことで、様々な英単語を同じ音を持つ仲間に分けて学びます。
教育内でライミングを体験することにより、アメリカなどではヒップホップの根強い人気があるのかもしれませんね。

日本でのラップブーム


現在日本ではラップブームが到来しています。(していると感じています。)
2015年9月より始まったフリースタイルダンジョン(テレビ朝日)の番組により一般の方にもラップのかっこよさ・凄さが周知されたのかと思います。
(私自身もフリースタイルダンジョンによりはまってしまいました。)
CMなどでラップが起用されています。

どん兵衛:東西対決

ブラックサンダー:非リアVSリア充ラップバトル

戻る